ホワイトボードアニメーションの作成方法3つと学習方法を紹介

ホワイトボードアニメーションの 作成方法3つと学習方法を紹介
公式LINEマガジン情報!

大学生こそスキルをつけるべし!スキルをつけて人生の自由度を上げてみませんか?

スキルをつけて人生の自由度をあげる,無料LINEマガジン開始!
オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引)
  3. DMM WEBCAMP(関連記事割引)
  4. テックキャンプ(関連記事割引情報)
オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引情報)
  3. DMM WEBCAMP (関連記事割引情報)
  4. テックキャンプ(関連記事割引情報)

こんにちは、迫佑樹(@yuki_99_s)です。

突然ですが、みなさんは何か新しい副業をはじめようと考えていたり、何か新しい技術を身につけておきたいと考えたりしていませんか?

ますます、副業や転職が当たり前となっていく中で、新しいことを始めたいと感じる人が多いのは当然のことでしょう。

一つの仕事だけで、収入の安定を図るのは難しいでしょうし、自分の成長の幅も縮まってしまうと思います。

そこで今回この記事で僕が紹介していくのは「ホワイトボードアニメーション」についてです。

ホワイトボードアニメーションって何?

と思った方も多いかもしれません。

興味を持った方はぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

ホワイトボードアニメーションとは?

では、まず「ホワイトボードアニメーション」とは何なのでしょうか?

ホワイトボードアニメーションは、漫画やイラストを描画していく様子を映像化した表現方法です。

具体的には以下のような動画で、主にVYONDというソフトを用いて作成されます。

ホワイトボードアニメーションはPR映像などで使われることが多く、視聴者はその手で描画していく姿に魅了されやすいため普通に説明するより効果が高いと言われています。

最近はホワイトボードアニメーションを使ったYouTube動画も多く、ますますその注目度は高まっていますね。

皆さんも一度は、YouTubeのビジネス系の動画や雑学系の動画でご覧になったことがあるのではないでしょうか?

ただ、紙にペンで書き続けているだけなのに、つい見入ってしまいますよね。

また、ホワイトボードアニメーションを用いたYouTube動画が増えていることから、ホワイトボードアニメーションスキルの需要も伸びています。

もしYouTubeを始めたいと考えている方や、何かスキルを身につけておきたいと考えている方に、ホワイトボードアニメーションはとてもおすすめです。

ホワイトボードアニメーションの利点

続いてはホワイトボードアニメーションの利点についてです。

ホワイトボードアニメーションを身につける利点は大きく以下の2つになります。

利点
  • スキルを身につけると稼げる
  • 顔を出さず、簡単に動画を作れる

詳しくみていきましょう。

スキルを身につけると稼げる

まず、ホワイトボードアニメーションを学ぶ利点として「スキルを身につければお金を稼げる」という点があげられます。

しかし、「スキルを身につければお金が稼げる」の何がいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

本来、多くのビジネスでは安く仕入れたものを高く売ってその差額で儲けるというのが基本です。

このビジネスの欠点としては物がしっかり売れればいいのですが、売れなかった場合大赤字となってしまい、ビジネスが立ち行かなくなってしまう可能性があるということがあります。

ただ、この「スキルを身につければお金を稼げるビジネス」の場合、絶対に在庫過多(たくさん売れ残ってしまうこと)になりません。

スキルは 無在庫かつ消耗しない優れもの

例えば、ホワイトボードアニメーションでビジネスを始めるにあたって必要なの、はホワイトボードアニメーションを作成できるスキルだけなのです

顔を出さず、簡単に動画を作ることができる

また顔を出さず、簡単に動画を作成できるというのもホワイトボードアニメーションの大きなメリットでしょう。

みなさんの中にはYouTubeなどで動画投稿をしてみたいのだけど、実際に自分が出演する自信はなくなかなか一歩を踏み出せない方はいませんか?

いくらYouTubeが新しいビジネスとして勢いがあるからといって、自分の顔を公の場に晒すのはちょっと勇気が入りますよね。

そういう方には間違いなくホワイトボードアニメーションがおすすめです。

ホワイトボードアニメーションなら、スキルさえ磨けば自分が動画に出る必要はありません。

また心理学的にも、人間は実際にトーク式で語りかけられるように説明されるより、ホワイトボードアニメーションで説明された方がより理解しやすいと言われています。

そのため、何かの説明動画や解説動画などを考えている方は、実際に自分が話して説明するより、むしろホワイトボードアニメーションを用いて説明した方が良いとも言えます。

ホワイトボードアニメーションを作成する方法

でも、ホワイトボードアニメーションってどうやって作成するの?

と考える方も多いでしょう。

そこで、ここではホワイトボードアニメーションを作成する方法についてこちらの3つを紹介していきます。

作成方法
  • 手書きで作成する方法
  • VYONDのソフトで作成する方法
  • Adobeのソフトで作成する方法

詳しくみていきましょう。

手書きで作成する方法

まずは手書きで作成する方法です。

手書きで作成することは最も手軽で簡単にできますね。

「動画の構成を考える」→「それらを描画するところをスマホで撮影する」→「PCソフトで編集する」

この3ステップでできてしまいます。

自分で作成できれば、VYONDを使ってホワイトボードアニメーションを制作している人たちにはできない、オリジナリティを出すことも可能ですね。

もし、自分でイラストがかけるという方はこの方法で動画をとってしまうのが、費用も掛からず手軽にできるので、一番効率の良い方法でしょう。

VYONDのソフトで作成する方法

しかし

自分はイラストなんて描けない!

と思っている方も多いでしょう。

実は、自分でイラストがかけなくてもホワイトボードアニメーションが制作できるソフトがあるんです。

そのソフトとは、VYONDです。

ここからはVYONDというホワイトボードアニメーションを制作できるソフトについて説明していきましょう。

VYONDとはアニメーション制作に特化したクラウドサービスです。

パソコンのWebブラウザから様々なテンプレートを組み合わせて、簡単にアニメーションを制作できます。

種類は、3つあります。

動画の種類
  • コンテンポラリー
  • ビジネスフレンドリー
  • ホワイトボードアニメーション

自分の都合にあわせて、動画の種類を選択できるので様々なシーンで活用することができます。

制作方法の難しさとしては、パワーポイントぐらいと言われているので、少し勉強すれば誰でも使いこなせるようになるでしょう。

また、VYONDの料金体系としては以下の表のようになっています。

Essential Plan Premium Plan Professional Plan
年額払い 299ドル(約33,000円) 649ドル(約71,000円) 999ドル(約110,000円)
月額払い 49ドル(約5,400円) 89ドル(約9,600円) 159ドル(約17,000円)
3ヶ月払い なし 219ドル(約24,000円) 399ドル(約43,000円)

プランについて1つ1つどういうものなのか説明していきます。

まずEssential Planはイメージとしては無料体験の延長のようなもので、画質もそこまでよくなく、動画にはVYONDのロゴが入ってしまいますし、テンプレートの数も2種類しかありません。

とりあえず、お試しで使ってみるのなら良いのですがこれでYouTubeなどに動画をアップロードするのはおすすめできませんね。

2つ目のPremium Planに関してはEssential Planと比べ画質も良いですし、VYONDの文字も消えますし、テンプレートの数も3種類になり、非常に操作しやすくなります。

動画の共有はできないため動画制作を外注するときやチームで制作するには不向きである一方で、個人で制作するには十分な機能が揃っています。

最初はこちらのプランで契約すると良いでしょう。

最後の3つ目のProfessional Planでは動画の共有もでき、テンプレートの数も4種類に増え、フォントのダウンロードも可能になります。

かなりハイクオリティーなアニメーションを作りたいと考えている方や、チームでの開発を考えている方はこちらのプランで契約するのが良いでしょう。

以上がVYONDの料金についての説明となります。

VYONDの利用を考えている方はぜひしっかりと考え自分にあったプランを選びましょう。

Adobeのソフトで作成する方法

最後の3つ目はAdobeのソフトで作成する方法です。

PhotoshopなどのAdobeのソフトを使うとVYONDほど簡単ではないのですが、手書きより簡単にホワイトボードアニメーションの制作ができます。

ただ、Adobeの場合テンプレートなどはないので、自分ですでに完成したイラストを用意する必要があり、また制作にも時間がかかります。

また、Adobeに関してももちろんソフトの費用はかかります。

しかし、Adobeの場合VYONDとは違い、もとから有料契約をしているという方も多いでしょう。

そのため、

おすすめな方
  • できる限りお金は使いたくない方
  • イラストは描けるけれど、ホワイトボードアニメーションを制作できるくらいスラスラとは描けない方

などにはAdobeがおすすめですね。

ホワイトボードアニメーションの作成方法を学ぶ方法

ここまでで

ホワイトボードアニメーションに挑戦してみるのもいいかもなあ。

と思った方もいるかもしれません。

ただ、おそらくどうやって学習すればいいのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

最後にホワイトボードアニメーションの作成方法を学ぶ方法について以下の2つの方法を紹介していきます。

①YouTube・サイトで学習する

まずはYouTubeやWebサイトを利用して学習していくという方法です。

最近では、ホワイトボードアニメーションについてわかりやすく説明してくれるYouTube動画やWebサイトは増えてきており、正直独学で学べる方には十分これらだけで学習可能です。

でも、

独学って結構大変そうだし時間もかかりそうだな。

と不安な人も多いでしょう。

しかし独学で得た知識というのは学習過程が大変な分、非常に大きなあなたの力となります。

ただ、時間があまりにかかってくると損失になりかねないので、難しいようであれば自分で見切りをつけてスクールに通うなりした方が、結果的に得するなんてこともあります。

②Animation Hacksで学習する

とはいっても、

どうしても自分独りで学習するのは不安だし、苦手。

という方もいるでしょう。

そういった方はAnimation Hacksで学習することをおすすめします。

Animetion Hacks

Animation HacksではVYONDを使ったアニメーション動画制作の方法を1から丁寧に学習することが可能です。

また、アニメーション動画制作を教えてくれる講師の方が、顔出し一切なし・アニメーション動画でYouTubeチャンネル登録者数10万人超の 現役副業YouTuber、『ハック大学 ぺそ氏』という方なので、より実践的な制作方法が学べますね。

以下のような、ペソ氏みたいな動画を作ってみたい方に特におすすめです。

ぜひ、Animation Hacksを検討してみてください。

まとめ:ホワイトボードアニメーションを使いこなそう

ここまでホワイトボードアニメーションについて、その作成方法や学習方法について説明してきましたがいかがでしたか?

ホワイトボードアニメーションスキルは、将来的に必ず重宝されるスキルとなるでしょう。

もし、新しい副業や身につけたい技術を探しているという方は、ホワイトボードアニメーションも考えてみるべきだと思います。

追記: 無料のLINEマガジンをはじめました!

「スキルをつけて人生の自由度をあげる」をテーマにしたLINEのマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれるプログラミングやブログ運営、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

無料のLINEマガジン開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です