正社員が副業をするとバレる?稼げるおすすめ副業も紹介

正社員が副業をするとバレる? 稼げるおすすめ副業も紹介

こんにちは、迫佑樹(@yuki_99_s)です。

正社員でも今や副業をすることがスタンダードとかしてきているのではないでしょうか。

しかし一方で、正社員の方が副業をするなら本業に役立ったり、何かしらスキルアップができるものをしたいと考えるのではないでしょうか。

そこで今回は「正社員が副業をすること」についてお話ししていきたいと思います。

正社員でも副業はできる?バレない?

基本的に正社員でも副業は可能ですが、会社にバレることを避けたいならしない方が賢明です。

どんな理由で会社にバレたくないのかはそれぞれだと思います。

多く聞くのは会社に「副業禁止」という規定があるという場合でしょうか。

内緒で副業を始めたとしても、何かしらがきっかけでバレることは往々にしてあるでしょう

理由はなんであれ、堂々とした形でできないのであれば、正社員でもバイトでも副業をすべきではないと思います。

正社員におすすめの副業

正社員ができる副業はどんなものがあるでしょうか。

本業に影響がない範囲で、合間の時間を利用して稼ぐことになりますよね。

その場合「短時間×高単価」の仕事をしなければ、副業をする意味を持たない程度の収入で止まってしまうかもしれません

それなりの副収入を求めるなら、スキルを身に付けて行う副業がおすすめです。

すぐにお金が欲しい。

という方には厳しいかもしれませんが、先に自分に投資をすることで、将来的にも安定した収入を得ることができる方法です。

僕がおすすめする副業と、そのためのスキルを紹介しますね。

プログラミングの副業

プログラミングはITが普及した現代で、必要不可欠となっているスキルです。

あなたもスマホなどを利用していますよね。

アプリやサービスも全て、プログラミングによって作られているものであり、今後も需要は広がっていくでしょう

そんな今、プログラミングスキルを身に付けるメリットは以下の通りです。

プログラミングのメリット
  • 圧倒的なエンジニア不足で、業界は売り手市場状態
  • 人材不足から、報酬単価が高い
  • フリーランスなど自由な働き方でも十分に仕事がある
  • 需要がなくなることは考えにくく、将来性も高い

とても魅力的で、副業としては満点以上なのではないでしょうか。

副業でプログラミングをしていた方が、本業のエンジニアとして転職したり、フリーランスになることも珍しくありません。

まずは安定している今、副業でスキルと経験を磨けば、将来の選択肢も増えるのではないでしょうか。

プログラミングは難しそう。

そう思いますよね。

独学で学ぶにはハードルが高く、エラー処理などで躓いて挫折する可能性は高いです

でも、学ぶことに「早い・遅い」もなく、「誰でも身に付けることが可能」なスキルであるのは確かです

スクールを利用して学べば、挫折することなくスキルを身に付けるまで走り続けることができますよ。

スクールって高いでしょう?そんなに余裕はないよ。

そういう方におすすめなのが、Skill Hacksです。

SkillHacks

他のスクールに比べたら、破格ともいえる受講料で学べます。

もちろん初心者を対象にしていて、オンラインのみで効率的に実践レベルまで身に付けるカリキュラムが自慢です。

質問は無制限でし放題ですので、挫折することなく走り切ることができますよ。

安いからといって質が悪いスクールをおすすめしませんので、安心してください。

通学する時間がない、金銭的に余裕がない、独学で挫折した…

そんな方はぜひ、Skill Hacksをチェックしてみてくださいね。

動画編集の副業

5Gがスタートし、動画は今まで以上に浸透すると言われています。

例えば、YouTubeなどを視聴している人は多いと思います。

配信する側はYouTuberと呼ばれる個人だけに限らず、企業や自治体まで多岐に渡っていることにも気付いてますか

スマホの普及と通信環境の安定によってテレビよりも動画配信が主流になる可能性もあるくらいなのです。

放送枠が限られたテレビより、自由に配信する形の動画では数が圧倒的に違って来ますよね。

つまり、「動画を作る仕事=動画編集」の仕事も今後、需要拡大が期待できるスキルの一つです。

動画編集のメリット
  • 需要拡大によって仕事に困る可能性は低い
  • 細かな作業であり、技術者も少ないので報酬単価が高い
  • フリーランスとして仕事を請け負うことも可能
  • 本業やプライベートの動画でも活かすことができる

動画編集のスキルがあれば、会社の動画広告の製作に携わることもできます。

外注するとかなり高額になる部分ですので、その作業ができるということは重宝され、注目されるかもしれません

プライベートの動画も、まるで映画のワンシーンのように仕上げることができるなど、自由に活かすことができるんですよ。

動画ビジネスも注目されているので、将来的に自分で始めることもできますね。

しかし、動画編集をしたことがない方にとっては「難しそう」と感じるでしょうね。

動画編集は最初こそ取っつきにくい部分があるのですが、やり方を理解し、慣れていくことで比較的身に付きやすいスキルです。

こちらもMovie Hacksという講座を検討してみてください。

MovieHacks

YouTube用の動画編集に特化した内容で、編集の工程を動画で見て学びます。

分からないことなどは、その都度質問できるので、そのまま引きづってしまうこともありません。

基本的な部分から投稿できる動画編集を学んでいきます

そこをスタートとして本格的な映像編集へとステップアップすることもできるでしょう。

動画編集や映像製作に興味を持ったことがある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

デザインの副業

世の中にはさまざまなデザインが溢れていますよね。

今までは限られた紙媒体が主流だったデザインですが、ネットの普及によってその種類や用途は大幅に増えました

そう言われてみれば、ホームページ一つ見ても多くのデザイン案件が集まっていることに気付くと思います。

企業のホームページはもちろん、個人でもブログなどを持つくらいですから、デザインの需要は高いのです。

でもデザインはセンスがある人がするもの。

そう思っている人も多いかもしれませんが、実は基本を身に付ければ誰にでもチャンスがあるスキルです。

デザインのメリット
  • ネット上以外の紙媒体などでもデザインをすることができる
  • 本業のプレゼン資料作成などにも活かすことができる
  • デザインは単価が高く、短時間で高収入を狙える

このスキルは何かをデザインする以外の部分でも、活かせる可能性は無限にあります。

デザインを少し変えるだけで印象が大きく変わるものです。

上手く利用すれば、本業での業績を上げることもできるかもしれませんし、注目されるスキルにになるでしょう

しかし、デザインを学ぶには「専門学校」や「大学」といったイメージがありますよね。

今からそんなに時間もお金もかけて一からデザインを学べる人は少ないでしょう。

そういう方はDesign Hacksがおすすめです。

DesignHacks

オンラインで学ぶことができるので、通う必要がなく自宅など好きな場所で学べます。

正解がない分野で、独学では道に迷いやすいのですが、その部分をしっかりサポートするシステムが特徴でしょう。

課題を提出し、それに対するフィードバックがもらえるのはかなり心強く、確実にデザインスキルを身に付けられます。

仕事の探し方も学べサポートも充実しているのに、受講料は安く設定されています。

興味を持った誰もが気軽に学び始めることができる講座ですので、ぜひチェックしてみてください。

正社員がスキルのある副業をする意義

正社員がする副業は「簡単なものでいい」と思うかもしれません。

でも僕は、正社員だからこそスキルを持つ副業の方が良いと考えています。

副業だからといって、何も得るものがない仕事は好きではないんです。

その点、スキルを必要とする仕事、身に付けることができる仕事にはメリットがたくさんあります。

僕が正社員こそスキルのある仕事をおすすめする理由をお話ししていきますね。

稼ぎやすいかつ自分のスキルを高めることにつながるから

スキルを必要とする仕事は、普通の仕事に比べて単純に「単価が高い」です。

副業に充てることのできる時間が限られている正社員の場合、短時間でも多く稼ぐことができるのは魅力ですよね。

そして、そのスキルは「身に付けて終わり」ではなく、使うほどに磨きがかかっていきます。

スキルを磨けば磨くほど 自分の市場価値は上がっていく

経験を積み、スキルを磨くことで、作業効率もアップしますし、完成度だって上がっていくはずです。

そうなれば、さらなる高単価も狙える好循環が生まれます。

正社員の副業として取り組んでいた仕事で、独立するなどの選択肢も出てくるでしょう。

場所や時間に縛られずに働けるから

正社員の場合、副業できる時間が限られます。

一般的なバイトの場合、決められた時間に決められた分働くことことになります。

働いた分、確実に「時給」で稼ぐことができますが、時給はそう高くありません。

深夜時間でも2,000円にも満たないのではないでしょうか。

それはどんなに頑張っても、長期続けても、極端に上がることもないと思います。

限られた時間の中で、効率的に稼ぐためにはやはり「高単価・高時給」が最低条件ですよね。

その条件は誰でもできる仕事ではまず不可能ではないでしょうか。

だからこそ、案件単価で稼ぐことができる特別なスキルを必要とする仕事がおすすめなのです。

しかも、フリーランスとして副業する場合は、多くの場合、働く場所に決まりがありません。

通勤する必要がないということは、その時間を有効に利用できますよね。

自宅で気分が乗らないなら、カフェや旅行先でだって良いわけですし、自由なのは心に余裕も生まれます。

将来的には独立をして自由な働きからが可能になるから

これは先ほども少し話しました。

スキルを身に付けて、正社員として働きながら副業するのは、将来への選択肢が増えることに繋がります。

本職を持ちながら副業としてスキルを活かすことは、「安定した環境で修行する」ことでもあります。

スキルを最大限に活かせる業種に転職するとしても、その経験があれば即戦力として活躍できるでしょう。

また、独立起業してフリーランスになることもできます。

独立と聞くと不安に感じる方もいるかもしれませんが、大企業でも何があるか分からない時代です。

働き方改革などの影響もあり、正社員で安心していられないのは理解していると思います。

そんな時、会社に依存することなく自分だけで稼いで行けるスキルがあることは、かなりの強みなんですよ。

仕事量を調節したり、場所や時間を選ばず自由に取り組めたり、フリーランスになると働き方まで自分で決めることができるのです。

正社員が副業を始める際に注意すべきこと

正社員は基本的に「会社一番」で考えなければなりませんよね。

副業を始める際に、注意して欲しいことをお話しします。

注意すべきこと
  • 就業規則を確認すること
  • 確定申告を行うこと

どちらも怠れば、近い将来に影響が出てくるので曖昧にしないようにしましょう。

就業規則を確認すること

働き方改革の影響もあり、副業解禁とした企業も多くあります。

しかし、まだまだ「業務への影響」を理由に禁止している場合も少なくないのです。

正社員として会社に所属している以上、業務に支障をきたしたり、内容を利用したりするようなことがあってはなりません。

副業を始める前に必ず就業規則を確認しましょう。

「全面禁止」の場合は副業として取り組むことは諦めるべきです。

「許可制」の場合は、どんな基準で許可が出るのかを確認し、それを満たす副業を検討しましょう。

許可を得ずに副業を始めることは避けた方が良いので、準備はしっかりすることをおすすめします。

「規定なし」の場合は、自由に副業を行うことができます。

ただ、本業に支障をきたすようなことがあれば、就業規則違反になる可能性もありますので、注意しましょう。

また、「規定なし」で副業を報告するかどうかは、会社の風土にもよります。

多くの人が自由に副業を行い、オープンにしているのであれば、報告しておくと安心でしょうね。

規則を守って行うことで本業も副業も、本来の実力を存分に発揮することができると思います。

確定申告をしっかり行うこと

最初にもお話ししましたが、副業で得た収入を申告することは「義務」です。

会社にバレることを恐れるなど、どんな理由でも申告を怠ったり、虚偽を行うとペナルティを受けます。

基本的に副業の収入が20万円以下の場合は、申告する義務は生じません

しかし、企業などから依頼を受けた場合など、源泉徴収されている可能性があります。

20万円以下でも申告することで、適正な税額が算出され、一部還付されるかもしれません。

確定申告は書類の準備などありますが、会計ソフトを利用すれば簿記の知識がなくても大丈夫です。

仕組みや方法などを少し学んで、しっかり申告を行いましょう。

そうすることで初めて胸を張って「副業に成功した」と言えるはずです。

まとめ:正社員が副業を始めるのにはメリットだらけ

正社員が副業で収入を得るには、さまざまなハードルがあるのかもしれません。

しかし、最初に自分に投資してスキルを身に付けることで、将来の可能性が大きく広がります。

収入の安定だけでなく、自由な働き方も手に入れられるかもしれません。

正社員だから…と諦めず、メリットが多い副業にチャレンジしてみてください。

ということで今回は「正社員の副業はおすすめ」というお話をしました。

追記: 無料のLINEマガジンをはじめました!

「スキルをつけて人生の自由度をあげる」をテーマにしたLINEのマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれるプログラミングやブログ運営、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

無料のLINEマガジン開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です