無料でWebサービスを公開するHerokuのアカウント作成方法

オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引)
  3. WebCamp Pro(関連記事割引)
  4. 侍エンジニア塾(関連記事割引)
  5. テックキャンプ(関連記事割引情報)
オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引情報)
  3. WebCamp Pro(関連記事割引情報)
  4. 侍エンジニア塾(関連記事割引情報)
  5. テックキャンプ(関連記事割引情報)

こんにちは,フリーランスエンジニアの迫佑樹(@yuki_99_s)です.

※本記事は-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリケーション開発講座の参考資料となっています.

今回は無料でWebアプリケーションの公開ができる『Heroku』というサービスのアカウント作成方法について紹介していきますね!

【スポンサーリンク】

無料体験参加で1000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中!

Herokuのアカウント登録

まずはHerokuのページ(https://jp.heroku.com/)にアクセスします.

「無料で新規登録」のボタンを押すと以下のような入力画面が出てきますので,登録に必要な情報を入力していきます.

入力が完了したら,「無料アカウント作成」をクリック.

このような画面が表示されたら,登録したメールのメールボックスをチェックします.

Herokuからのメールが届いているのを確認し,開きます.

メール内にアカウント確認用のリンクが表示されているので,そこへアクセスします.

パスワードの設定画面が出てくるので,パスワードを設定したら「パスワードを設定しログインする」をクリック.随時Herokuからの情報配信メールを受け取りたい方は,配信希望のチェックを入れておきます.

最後にアカウント設定完了画面が出てくるので,「ここをクリックして次に進んでください」をクリック.

このような画面が表示されたら,アカウント作成完了です.

AWS Cloud9でherokuを使う

最後に,AWS Cloud9でherokuを使えるようにしてみましょう.

以下のコマンドをターミナルに打ち込んでみてください.

curl -OL https://cli-assets.heroku.com/heroku-linux-x64.tar.gz
tar zxf heroku-linux-x64.tar.gz && rm -f heroku-linux-x64.tar.gz
sudo mv heroku /usr/local
echo 'PATH=/usr/local/heroku/bin:$PATH' >> $HOME/.bash_profile
source $HOME/.bash_profile > /dev/null

無料の公式メルマガ開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です