英語×IT留学Kredo 初日!! オリエンテーション&授業開始!!

こんにちは,現在,フィリピンのセブ島というところに来ています.

先日ブログでご報告していたように,IT×英語の留学が始まりました.

セブ島へは飛行機で日本から約5時間と比較的近めです.

今日はそのセブ島での留学での初日!

9時から18時までがっつりプログラミングと英語を学んでいました.

初日からとっても濃くて楽しい一日になったんです.

Rubyコース

実は,Kredoには通常コースとRubyコースの2つがあります.

今回私が体験させていただくのはRubyコース.

通常コースも特別に軽く体験させてもらえるということなので,またレポートしますね!

今回私が体験させてもらうRubyコース,びっくりするぐらい濃密なカリキュラムとなっています.

f:id:McG:20170907105130p:plain

実際にフランジアという企業の新人研修で使われている課題を使うことで,かなり実践的な力がつくようになっています.

Railsチュートリアル,そしてRspecやGit,MySQLなどWebサービス開発に必要なことをまとめて学べるというわけ

もちろん難易度も高いですが,少人数制なので質問もしやすくていい感じ.

超濃密カリキュラムで,実務を行うにあたって必要なことは全て網羅されているなと思いました.

実は,このRubyコースに関しては,この留学プログラムを運営しているKredoに加えて,フランジアという会社も合同でカリキュラムを作っているんです.

フランジアって?

フランジアという会社,日本ではあまり馴染みがないかも知れませんが,オフショア開発を行なっている会社です.

オフショア開発とは,ソフトウェアの開発や保守運営を海外にアウトソーシングすることによってコストを削減する開発手法のこと.

このフランジアという会社,日本の多くの企業と提携しています.

f:id:McG:20170904231046p:plain

主にベンチャーが多いんですが,ブロガーにはおなじみのnoteを作ってる株式会社cakeやアフィリエイトのバリューコマース,NewsPicksのUZABASEなどのイケてる企業が多いなという印象.

実は,このフランジアさんがエンジニアを雇う際に行なっている3ヶ月間の新人研修のカリキュラムを元にしてできたのがこのRubyコースなんです

実際の企業研修で行われているカリキュラムだからこそ,確実に力がつくような仕組みになっているというわけですね.

フランジアさんのサイトはこちら!!

このフランジアさん,現在人材育成の分野に力を入れていて,フィリピンやベトナムで大学と提携して学生にプログラミングを教えたりもしているそう.

そして今後は,『英語が使えて海外のエンジニアと仕事ができる人材を育てていきたい』と言っていました

ビジョンもしっかりしているし,カリキュラムもかなり本気でがっつりやるような形になっててめちゃめちゃ楽しみです.

初日からがっつり

今日は,まずオリエンテーションがあってそのあとは普通に授業がありました.

午前中は9時から13時まで手を動かしながらプログラミングを学び,午後は14時から18時まで英語という感じ.

f:id:McG:20170904233235j:plain

英語と言っても中身は多様で,HTMLやCSSを座学形式で黒板を使いながら英語で学ぶものもあったり,ディスカッションをしたり,個別レッスンが行われたりと単調さが全くなく楽しめました

実際に授業でやったこととかに関してはまた別記事としてまとめますのでお楽しみに!

おまけ

ご飯めっちゃ美味しいです.また太りますねこれ.

ではでは,明日も頑張っていこうと思います!

© 2016 Yuki Sako.