動画編集スキルが学べるおすすめのスクールを紹介!

動画編集スキルが学べる おすすめのスクールを紹介!
公式LINEマガジン情報!

大学生こそスキルをつけるべし!スキルをつけて人生の自由度を上げてみませんか?

スキルをつけて人生の自由度をあげる,無料LINEマガジン開始!
オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引)
  3. DMM WEBCAMP(関連記事割引)
  4. テックキャンプ(関連記事割引情報)
オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引情報)
  3. DMM WEBCAMP (関連記事割引情報)
  4. テックキャンプ(関連記事割引情報)

こんにちは、迫佑樹(@yuki_99_s)です。

自分で稼げるスキルを身につけたいのですが、プログラミングのように稼げるようになるまで学習する事ができるか不安です。

という声を聞くこともあります。

確かにプログラミングに高い心理的障壁を持っている方は多いです。

そんな方は動画編集を学ぶことをおすすめします。

今回は動画編集を学ぶべき理由と早く稼げるようになるまでのベストな方法についてお話しします。

動画編集を今こそ学ぶべき理由

これからの時代会社に依存せず自分の持っているスキルで稼ぎたい人が増えており、僕もそうするべきだと思います。

そこで、僕は今から学んで早く稼げるようになりたいのであれば動画編集をおすすめしています。

なぜなら理由は大きく3つあります。

動画編集を今こそ学ぶべき理由
  1. 将来的な需要の増加が予想できるから
  2. 比較的初心者でも簡単にスキルを身につける事ができるから
  3. 自分で稼ぐ事ができるスキルだから

ではそれぞれ見ていきます。

将来的な需要の増加が予想できるから

YouTubeをはじめ、動画広告市場は急激に成長しています。

今後もこの流れは変わらないでしょう。

また、今の動画市場は個人が誰でも参入できるところが大きなポイントです。

これまでは、企業しかテレビや雑誌などの広告市場に参入できませんでしたが、YouTubeやTikTokなど誰でも参入ができます。

芸能人やインフルエンサー・経営者など様々な分野の方がYouTube市場に参入してきています。

しかし、そのような方々は全員YouTuberのような動画編集スキルを持っている訳ではありません。

そんな中で増える需要が動画編集なのです。

これからYouTubeを始めたいけど動画編集スキルが無い。

という潜在需要は実際に多いです。

その需要の高さに対して、供給が追いついていない現状で動画編集スキルを身につける事ができれば稼ぐ事ができます。

今のうちにプレイヤーとして稼ぐ事をしておけば、市場がもっと大きくなり、動画編集者が増えるタイミングでマネージャーとしての役割になる事ができます

そうなれば自分がプレーヤーにならなくても稼ぐ仕組みが出来上がるのです。

比較的初心者でも簡単にスキルを身につけることができる

動画編集はプログラミングと違い、初心者でも比較的簡単にスキルを身につける事ができます。

プログラミングの場合、3ヶ月〜半年ほどの学習期間を経て、2〜3年程度現場経験を積んだ後に独立することが目安になります。

一方、動画編集に関しては1ヶ月〜2ヶ月程度学習をして、動画編集を経験を積めばYouTubeの動画編集であれば独立して働く事が可能になります。

動画編集であれば短期間の学習で一人で稼ぐ事ができるスキルが身につくのです。

学習期間と収益化のバランスを考えると非常にコストパフォーマンスが良いでしょう。

自分で稼ぐ力を身につけることができる

動画編集はパソコン1台あればどこでも仕事ができ、自分の力で稼ぐ事ができるスキルの一つです。

会社に所属しなくても、個人のコネクションやクラウドソーシングなどで案件を獲得して収入を得る事ができます。

動画一本3,000円〜5,000円程度の報酬になるので、副業として月に5万円程度稼ぐ事も難しくはありません。

もちろん本業として稼ぐ事が可能あり、複数の人から継続的な動画編集案件を受ける事ができればそれだけで生計を立てていく事も可能です。

また、実績を積んでチーム化をする事ができれば組織的に稼ぐ事も可能です。

インフルエンサー数人から案件を獲得し、チーム内で分担しながら作業を行う仕組みを作れれば、自分の時間を切り売りするステージから抜け出せます。

そして、収入を増やしながら自由な時間を確保する事も可能になるのです。

迫佑樹
ビジネス化ができれば自分がマネージメント側に回り、新しいことにどんどん挑戦できる時間が持てるでしょう。

動画編集スクールに行くならMovie Hacksがおすすめ

個人で今から稼ぐスキルを身につけるのであればYouTubeにおける動画編集スキルを身につけることをおすすめします。

そして、YouTubeにおける動画編集スキルを学ぶのであればスクールに行くことをおすすめします。

なぜなら、動画編集は作品のジャンルによって必要な機能やスキルが変わってくるからです。

やはり、映画などの映像作品を作るスキルとYouTubeにおける動画編集スキルも大きく変わります。

また、他の動画編集ソフトも並行して使用しないとならないため、一人での学習では目的に合わせた最短での学習ができません。

先ほどお話ししましたが、動画編集は正しい方法で学習ができれば学習を始めて3ヶ月程度で稼げるようになります。

独学で半年かけて学習するより、スクールに通って3ヶ月で稼げるスキルを身につける投資をする方が良いと思いませんか?

そこでおすすめするスクールが僕が運営しているMovie Hacksです。

MovieHacks

Movie HacksはYouTubeの動画編集に特化した講座です。

実際に数々のYouTuberの動画編集をしているクリエイターが講師をしており、この講座で学んだスキルをそのまま活かす事ができます。

次ではそのMovie Hacksの特徴をお話しします。

おすすめ動画編集スクールMovie Hacksの特徴

Movie Hacksの特徴を簡単に言うと、家にいながら稼げるスキルを最短最速・コスパ抜群で身につけられる事です。

将来的に稼ぐ収益を最大化するのであれば、収益化するまでの時間を短くするべきです。

そのための先行投資はするべきではありますが、最低限の経費で最大の効果を出す事が理想ですよね。

それを満たしているのがMovie Hacksなのです。

大きく特徴は6つあります。

Movie Hacksの特徴
  1. 動画で効率的に学べる
  2. 買い切り型の教材だからいつまででも閲覧可能
  3. LINE@でわからないところは質問がし放題
  4. YouTubeに特化した動画編集を学べる
  5. Adobeソフトが使えるようになる
  6. コストパフォーマンス抜群

では細かく見ていきましょう。

動画で学べるから効率よく学べる

Movie Hacksは動画編集のポイントを動画で学ぶスタイルになっており、効率よく動画編集スキルを身につけられるように体系的にカリキュラムが組まれています。

動画で学習

また、学習に躓かないように一本10分程度の動画で細かく構成をされています。

1ヶ月〜2ヶ月程度の学習期間の目安にはなりますが、受講生の中には集中的に学習をして1週間でマスターをした方もいます。

動画で学べるのでいつでもどこでも学習できるところは大きなメリットですね。

買い切り型の教材だからいつまででも閲覧可能

MovieHacksは学習期間がなく、買い切り型の教材です。

ですので学習期間が長くなっても追加料金なども一切かかりません。

他の動画編集スクールでは学習期間ごとにコースが設けられており、学習期間が延長になると追加料金が取られる事もあります。

Movie Hacksではそのような事がないので自分のペースで学習をする事ができます。

早く学習をしたい方も、ゆっくり学習したい方も、動画形式の買い切り型なので安心ですね。

LINE@で分からないところは質問し放題

動画編集を学習をしているとわからない事がたくさん出てきます。

独学で学習をしていると、教科書通りに操作しているのにできない。

なんて事もよくあります。

独学で学習することの最大のデメリットは不明点を聞けないことです。

それが学習スピードのロスや挫折の原因になります。

そんな時Movie HacksではLINE@でいつでも質問をする事ができます。

もちろん回数制限などはありません。

わからないところをいつでも聞ける仕組みになっているので、挫折する事なく学習をサクサク進める事ができます。

YouTubeに特化した動画編集が学べる

迫佑樹
今稼げる分野はネット動画の動画編集で、主にYouTubeです。

Movie HacksではYouTubeに特化した動画編集を身につける事ができます。

講師が実際に数々のYouTuberの動画を編集しているクリエイターなので、YouTubeの動画編集で使えるスキルを学習する事ができます。

Adobeソフトが使えるようになる

Movie HacksではAdobeCCのコンプリートプランに登録をする必要があります。

そして動画編集ではAdobeのPremiereProやAfter EffectsといったAdobeの動画編集ソフトを使用します。

PremiereProに関しては動画編集市場では1番使用されているソフトでありYouTubeの動画編集以外でも使用されています。

本格的に映像制作を学びたいと思った場合でも、Adobeソフトを使えれば自然に学習移行ができます。

その他サムネイル作成などではPhotoshopも使うため、様々なAdobeソフトが使えるようになることは大きなメリットになります。

コストパフォーマンス抜群

大手の動画編集スクールでは1ヶ月の学習プランで15万円ほどの受講料になります。

それに対してMovie Hacksでは受講料が税込69,800円と業界最安値レベルです。

YouTubeの動画編集に特化したスクールもほとんどなく、尚且つこの金額の安さは他にはありません。

しかも、先ほど紹介した通り、買い切り価格で学習期間も無制限です。そして質問もいつでもし放題のサポートもあります。

そして受講修了者にはお仕事案内所に登録ができ、そこから案件を獲得する事もできます。

動画編集のお仕事案内所参加権利

お手頃な価格で最短最速で学習をして、案件まで獲得をして稼ぐ事ができると考えるとコストパフォーマンスが良すぎだと思いませんか?

スクールに通わなくても動画編集を学ぶ方法はある?

スクールに通わなくても動画編集を学ぶ事が可能かどうかの質問もよくあります。

結論から言うと可能ではあります。

主な方法は本やYouTubeなどの無料コンテンツで学習をする事です。

独学の方がコストがかからないのでコスト面だとメリットが大きいように感じますよね。

一方で以下のようなデメリットもあります。

独学のデメリット
  1. 正しく体系立てて学習ができなければ学習効率が下がってしまい時間がかかる
  2. 動画編集で稼ぐために必要なスキルに漏れがでる可能性がある

率直に言うと、将来的に稼ぐことを考えるのであれば初期投資をして効率的な学習をした方がはるかに効率的です。

動画編集で案件を獲得できれば1本3,000円〜5,000円の売り上げを立てる事ができます。

副業で稼いでも月に3万円〜5万円程度は稼ぐ事も可能なのです。

そう考えればMovie Hacksの受講料であれば2ヶ月〜3ヶ月程度で回収ができます。

また独学で学習をすると動画編集に必要なスキルに漏れが出る可能性があります。

動画編集者として十分なスキルがないまま案件を獲得してしまうと、実際に始めた時に不便が生じる場合があります。

そこでMovie Hacksを受講をすれば動画編集で稼げるスキルを効率よく身につける事ができるので、受講を完了した時点でYouTube動画編集者として活躍する事ができます

【まとめ】動画編集を学ぶならMovie Hacks一択

効率的に学習をして早く稼ぐスキルを身につけたいのであればMovie Hacks一択です。

動画編集であれば短期期間で稼げるスキルを身につけることができます。

そして、動画編集をする事ができればYouTube市場に自分で参入をする事も可能です。

これからは5Gの時代も到来し、動画編集市場が拡大することは間違い無いでしょう。

今から動画編集スキルを身につける事で市場がさらに拡大した時に大きなチャンスを得る事も可能です。

ぜひMovie Hacksで稼げるスキルを身につけてください!

追記: 無料のLINEマガジンをはじめました!

「スキルをつけて人生の自由度をあげる」をテーマにしたLINEのマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれるプログラミングやブログ運営、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

無料のLINEマガジン開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です