「大学生は人生の夏休みだから遊んでおけ」を真に受けると後悔する理由

公式LINEマガジン情報!

大学生こそスキルをつけるべし!スキルをつけて人生の自由度を上げてみませんか?

スキルをつけて人生の自由度をあげる,無料LINEマガジン開始!

こんにちは、迫佑樹です。

「大学生が一番楽しいんだから、今のうちに遊んどけよ」ってフレーズ、結構よく聞くじゃないですか?

今回はそのフレーズについて話してみたいと思います!

「大学生のうちに遊んどけよ」この発言の意図って?

大学生は今が一番楽しいんだから、今のうちに遊んどけよ!

このフレーズ、どういう意図があって発言している人がいるのかって言うと、

「今のうちに遊んどけ」という発言の意図
  • 社会人は時間がなくて遊べない
  • 学生のうちは自由がきく
  • 結婚したら遊べなくなる

こんな意図があって発言する人が結構いると思うんです。

でも、それ実際どうなの?って僕は思います。

夏休みの間に勉強しておくとその後の人生がかなり楽!

僕も大学期間は遊んだと言えば遊んだのですが、結構「勉強したいな」という気持ちがあって、そんなにガッツリは遊んでいないです。

「大学は人生の夏休みだ」って言われますが、その「夏休み」の間に勉強しておくと、その後の人生ってかなり楽になります。

たとえば受験勉強のことを思い浮かべてみて欲しいんですが、

  • 夏休みにたくさんと勉強した人
  • 夏休みに遊びまくった人

この2人だったら、あきらかに「夏休みに頑張った人」のほうが楽じゃないですか?

これは大学生も同じで、大学生って、

  • 大学生っていう時間が充分にある
  • 時間があるから勉強し放題

っていう時間があるわけですよね。

その大学生の時間で勉強するかしないかで、その後の人生って大きく変わるってことを、僕は実感しています。

僕は大学の時には、

  • プログラミング
  • マーケティング
  • ウェブメディア運営
  • 本を読む

とか結構いろんなことをやっていたんですが、本当に「やっていて良かったな」と思います。

「大学が1番楽しいから遊んどけ」って発言する人の人生

1番悲しいのがどういう状況か?

っていうことなんですが、「大学が1番楽しいから遊んどけ」って発言する人の人生どうなってるのか?ってことを考えてみましょう。

「大学が1番楽しかった」と発言する人の人生って、生まれてから死ぬまでの期間のうち大学時代がピークで、その後はどんどん下っていくような人生。

これって、言い方は悪いんですが、人生設計に失敗した人の話じゃないですか?

だって80年間ある人生のたった4年間が楽しくて、そこから後は落ちていくような人生を歩んでいっちゃってる。

そういう人の言っている情報を鵜呑みにした結果、同じような人生を歩んでいっちゃう。

それでいいのか?って話なんです。

大学で遊び呆けている人に圧倒的な差をつける

僕としては、

大学時代はもちろん楽しい⇒でもさらに経験や知識、お金が増えていって楽しい人生になっていく

っていうのが理想です!

だけど、大学生4年間がピークの人生を歩んだ人が「自分の人生、大学時代が1番楽しかったなあ」とか思って「大学時代は遊んでおかないと損だぞ」って言うんですよ。

その人の言うとおりにしたら、もちろん同じように下がり続ける人生になっちゃいますよね。

だから僕は、

迫佑樹
大学4年間で遊び呆けている人に圧倒的に差をつけて、良い人生にしていきましょうね!

って話をしているんです。

僕の大学時代は、

  • 大学行きながらブログを200記事書いて継続的な収入を得た
  • プログラミングを勉強してフリーランスエンジニアとして生きていけるだけのスキルを身につけた

これらにより、「就職しないなら大学はもういいかな」と見切りをつけて大学は退学して、今は結構好き勝手に生きてます。

現在の僕の生き方
  • 平日に彼女を誘って遊園地に行く
  • 仕事をしたかったら仕事する
  • 会社の代表としていろんな商品を作る
  • お客さんと話す

こんな感じで楽しく仕事をやったり、自分のやりたいことをやりながら生きています。

なので、「大学後の人生を良くしていきたい」という人は、絶対に大学時代は勉強しておいたほうが良いと思います。

自分の人生にダイレクトに関わってくることを勉強しよう!

行ったことある人は分かると思うんですが、大学ってほんとに単位を取るための勉強しかしないんですよね。

たとえば僕の大学でもあったんですが、

  • 有料で販売されている過去問をどっかの業者から買ってきたり
  • 誰かの授業用ノートが業者に売りに出されててコピーを買ってくる

みたいな感じで、結局、単位のためにしか勉強しない。

これって全然意味ないですよね。

そうじゃなくて、「自分の将来が豊かになるような勉強」……たとえば、

  • プログラミング
  • 金融リテラシー
  • マーケティング

こういうふうに、自分の人生にダイレクトに関わってくるような勉強を、大学の時間をめいっぱい使ってやってもらったらなと思います。

今回のまとめ:大学4年間で能動的に勉強すれば人生は激変する!

大学生って4年間あります。

4年間って、小学1年生から小学4年生になるまでと同じ時間。

小学1年生から小学4年生になるまでって、皆さんめっちゃ成長したと思うんですよね。

足し算が分からなかった人間が、分数の掛け算や割り算ができるような状態になった。

さらに、小学1年生から小学4年生になるまでって「やらされてる勉強」だったと思うんです。

でも、大学1年生から大学4年生までの4年間では、自分が学びたいことを能動的に学んでいけば、マジで180度人生が変わります!

迫佑樹
僕が断言します!

なので、「大学生のうちは遊んでおけよ」っていう甘い言葉には惑わされずに、

  • 自分が将来どうなりたいのか
  • どういう人生を歩んでいきたいのか

ってことを考えて、将来楽になっていく人生を歩んで行きたいのであれば、大学生のうちはしっかり勉強していってもらえたらと思います!

ということで今回は、「大学生は人生の夏休みだから遊んでおけ」発言ってどうなの?っていう話をしてみました。

追記: 無料のLINEマガジンをはじめました!

「スキルをつけて人生の自由度をあげる」をテーマにしたLINEのマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれるプログラミングやブログ運営、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

無料のLINEマガジン開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です