フリーランスエンジニアに未経験からなる方法を実体験をもとに解説

フリーランスエンジニアに 未経験からなる方法を解説
オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引)
  3. DMM WEBCAMP(関連記事割引)
  4. テックキャンプ(関連記事割引情報)
オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引情報)
  3. DMM WEBCAMP (関連記事割引情報)
  4. テックキャンプ(関連記事割引情報)

こんにちは、迫佑樹(@yuki_99_s)です。

フリーランスエンジニアになることに憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

僕もフリーランスエンジニアとして仕事を獲得するとこからここまで来たので、実体験をもとに今回は「未経験からフリーランスエンジニアになることはできるのか」について話していきたいと思います。

未経験からフリーランスエンジニアになることはできる?

フリーランスエンジニアの世界はそんなに甘くないなんて良く聞きますよね。

フリーランスエンジニアになると年収1,000万以上稼ぐ事はそんなに難しくはありません。

そしてフリーランスエンジニアになれば場所を選ばず働くこともできるので、時間や場所の自由が利きます。

僕は未経験の方でもフリーランスエンジニアになる事は難しくは無いと思います。

迫佑樹
結論から言うと、だいたい2〜3年くらいでフリーランスエンジニアになる事をおすすめします。

今回は未経験の方でフリーランスエンジニアになる為の手順を紹介します。

未経験からフリーランスエンジニアになる利点

フリーランスで働く事を目標にしているのであれば、未経験から実務経験を何年か積んだら早めに独立をしましょう。

プログラミングを学ぶ利点と被りますが、大きく2つ利点があります。

未経験から フリーランスエンジニアになる利点

この2つです。

しばらくはこの構造は変わらないはずなので、フリーランスエンジニアを気になっている方はプログラミングを学びましょう。

では1つずつ見ていきましょう。

1つ目.IT人材の需要が高まっているため職に困らない

IT市場の成長に対して、人材の需要が追いついておらず、エンジニアやプログラマーが不足しています。

各社、人材確保をしいますが、十分な技術を持っている人材の確保に苦難している状況です。

なので、プログラミングを学習してそれなりの技術を身に付ける事ができれば職には困らないでしょう。

注意として、稼げる人たちはあくまでも技術のある人材です。

技術や経験のないエンジニアは仕事はあっても単価の低い案件しか受けれず、想像より稼げない可能性が高いです。

2つ目.今より収入が高くなる可能性が高い

フリーランスエンジニアになると月収60万円〜80万円以上得ることはそんなに難しくはないです

間違いなくサラリーマンをやっている頃に比べれば給料が上がる可能性は高くなるでしょう。

仕組みは単純で、発注者から受注者までの間に入る人がいないので中間のマージンが取られないからです

1番美味しいパターンはエージェントサービスなどを介せず、発注者から直接受注をする場合ですね。

しかし、注意点として、発注者が一人に数十万の報酬を出すからには、受注者は基本的に一人で仕事を完結できるスキルがなければなりません。

ですので、未経験のエンジニアがいきなりそのような報酬を得られる訳ではないですし、高単価の案件の獲得ができる訳ではないので注意しましょう。

しかし、しっかりした技術があれば年収1,000万も難しくはない業界であることは事実です。

まずは、2〜3年は実務経験を積むことをおすすめします。

未経験からフリーランスエンジニアになるには何から学べばいい?

未経験がプログラミングを学ぶ時に何から学べば良いのか。

という質問はよくされます。特に、どの言語が1番良いのか、順番など聞かれる事が特に多いです。

結論からお伝えすると、正解は特に無く、強いて言うのであればウェブ系の言語を学んでおく事が無難です。

ではなぜ僕がこのような結論を出したのかお伝えします。

言語で悩むのは時間の無駄

正直どの言語を学ぶのかを悩むのは時間の無駄です。

それは自分がやりたい事によって選ぶべき言語が変わってくるからです。

次に説明をしますが、まずは自分のやりたい事を決めてから言語選びをしましょう。

また、フリーランスエンジニアになるためという観点から言うと、クライアントの求める一定の技術力が無ければどんな言語を学ぼうがそもそも独立ができません。

簡単に言うと、「私はこのような技術があって、こんな物が作れます。」と自信を持って言える技術が無ければどの言語を学んだところで受注ができません。

逆に言うと、どの言語でも技術力やセルフマーケティング力があれば、どの言語でも稼ぐ事は可能です。

それくらい、プログラミングの案件は腐る程あるのです。

目的から学ぶものを決めよう

プログラミング学習は、何から学習するかを考えるのではなく、何を将来成し遂げたいかを考えましょう。

学ぶ目的によって、習得すべき言語も決まってきます。

例えば、

プログラミング言語の種類

など目的によって学ぶべき言語が決まってきます。

しかし、未経験の方が具体的な目標を立てる事は簡単ではないと思います。

まずはプログラミングに興味を持つ事が大事なので、自分の好きなサービスがどの言語で作られているか調べてみることから初めてみると良いですね。

Web系の言語は初心者におすすめ

言語で悩むのは無駄とはいえ、特に具体的にやりたい事が決まっていない人もいるとは思います。

「まずはプログラミングを仕事にしたい」と言う目標の方におすすめの言語はWeb系の言語です

なぜなら、需要が多く、汎用性も高いからです。

Web系の言語は複数ありますが、基本的にコンピューターに出す指示の出し方は似ているので、1つ習得をすると他の言語も比較的習得しやすいです

また、仕事の案件に関しても多く、初心者の方でも比較的獲得がしやすい傾向にあります。

未経験からフリーランスエンジニアになる手順

では未経験からフリーランスエンジニアになる手順を紹介します。

僕のおすすめは、いきなりフリーランスになるのではなく、1度就職をして2、3年経験を積んだ後に独立することです。

やはり、経験と技術が重要な業界なので、独立して稼ぐのであればこの方法が再現性が高いです。

流れを説明すると

フリーランスエンジニアになる手順

このような流れが1番再現性が高く、職に困ることも少ないでしょう。

何から学ぶべきかは先ほど説明したので、ここからは具体的に何で学んできのかと言ったことについて説明していきます。

ではそれぞれ見ていきましょう。

①無料サイトで学んでみる

目標を立てたらまずは無料サイトで学んでみましょう。

おすすめは以下のサイトです。

ここなら基礎中の基礎の部分は無料で学べますし、格安の月額費用でプログラミングの基礎を学習する事ができます。

ここでプログラミングの構造などを学んでおくと良いでしょう。

ここでしっかり学習できる人はその次のステップにも進みやすいです。

いきなりスクールに高い費用を払って挫折をしてしまうのも勿体無いので、軽く無料サイトで学んでみて自分の適性を判断しましょう

②さらに学びたい場合はスクールで学んでみる

無料サイトで学習をしてみて、「できそう」と思ったらプログラミングスクールで学びましょう。

無料サイトや本での独学でセンスがある人は学習ができますが、大多数の人はそれは難しいです。

なぜなら、効率的な学習の手順が分からない事と、不明点がすぐに解消できないからです

それらが解消できないからプログラミングを挫折してしまう人が多いのです。

しかしプログラミングスクールであれば、効率的なカリキュラムやいつでも質問できる環境があります。

一方、スクールも通う事が難しい方や、費用がネックな方もいると思います。

僕が運営しているSkill Hacksでは動画教材を利用して、いつでもどこでも学習する事ができます

SkillHacks

大手のプログラミングスクールでは数十万円の費用がかかり、学習期間が決まっている事が多いです。

しかし、Skill Hacksは約7万円で学習期間が無制限の買い切り価格です

しかも質問も回数無制限でラインで気軽に質問する事ができます。

Skill Hacksでは挫折をしにくく効率的に学習ができる動画カリキュラムになっており、質問もいつでもできるので、効率的にプログラミングを学びたい方には非常におすすめです。

③何か作品を作り上げる

プログラミングの基礎知識をつけたら自分で作品を作り上げてみましょう。

おすすめの方法は、まず既存のサービスを真似してみる事です。

もちろんセキュリティ面などユーザーの見えない部分での技術はありますが、表面的にでも真似して作ってみる事が重要です。

ウェブ系の言語であればWebサイト、スマホアプリであれば同じ仕組みのアプリを真似して作ってみることをおすすめします。

そして、そのあとに自分が役に立つと思うWebサービスやアプリを作ってみましょう。

それが自分の実績づくりの第一ステップになります。

その後は、その作品を元に就職活動や案件獲得の為のポートフォリオとして提出をします

未経験がフリーランスエンジニアとして仕事を獲得する方法

まずは実務経験を積んでから独立をしましょう。

フリーランスで稼ぐ事が難しくはないのは事実ですが、それなりの実務経験と実力があってこそです。

まずは正社員で雇ってもらえればそれが良いでしょう

なぜなら、会社が育ててくれ上実績も作る事ができるからです

エンジニア以外の仕事をしている方や、早く独立したいエンジニアの方は最初は副業から始めてコツコツ実績を作る事をおすすめします。

案件を獲得する方法は、知り合いの紹介以外に2つあります。

  • クラウドソーシングで案件を獲得する
  • エージェントから案件を獲得する

ではそれぞれ紹介をします。

クラウドソーシングで案件を獲得する方法

クラウドソーシングで案件を獲得する事が1番簡単です。初心者の場合はここから簡単な案件をコツコツやるのも良いでしょう。

発注者は別の発注者から受注をしている個人や企業です。

発注者がクラウドソーシングを利用する目的は3つあります。

発注者がクライドソーシングを利用する主な目的
  1. 技術力が低いエンジニアでもいいから、簡単な仕事の案件を低単価で回したい
  2. 人手不足のため、一部の作業を外注したい
  3. 自社に技術力のあるエンジニアがいないので、多少高単価でもスポットで雇いたい

1つ目は単純にコストカットですね。

下請けの孫請け作業が多いので単価は非常に安いです

実務経験の無い、全くの未経験であれば、ここから受けるのも良いでしょう。

2番目のパターンは簡単な依頼からそれなりの経験が必要な場合もあり、単価も幅広いです

簡単な案件からコツコツこなしていくのもありです。

そこで経験を積んで大きな案件を得ることもできるかもしれません。

しかし、ずっと簡単な案件ばかり受けていては稼げるようにならないので注意です。

独立を本気で目指すのであれば、3番目の目的の案件を獲得できるようにしましょう

単価が高い分、それなりの技術を求められます。

そこで企業のプロジェクトの一員として働く事ができれば、フリーランスエンジニアとしての活動の仕方もわかってきます。

また、継続して高単価の案件をもらえる可能性が高いです。

エージェントから案件を獲得する

案件を紹介してもらう方法としてエージェントを経由するパターンもあります。

迫佑樹
多くの方はこの方法を選択するのではないでしょうか。

なぜなら、エージェントを利用した方が、条件の良い仕事を獲得できる可能性が高いからです

先ほどあげたクラウドソーシングの案件は基本的に条件が悪いです。

しかし、エージェントを使用すれば給与面や仕事内容の条件を調整して紹介をしてもらうことも可能です。

案件も豊富なので長期的に仕事ができる案件の獲得もしやすいので、収入面の不安定さは解消しやすいでしょう。

エージェントを介する案件に関しては、在宅ワークではなく企業に常駐して仕事をする案件が多いです

経験が少ない状態で、高単価の在宅ワークの案件は取りにくいので、まずは常駐案件で経験を積みましょう。

まとめ:未経験からフリーランスエンジニアになるのは難しくない

未経験からフリーランスエンジニアになることは難しくはありません。

しかし、それはいきなりフリーランスになる事ではなく、2〜3年実務経験を積めば再現性が高いという事です。

プログラミングを本気で学べば3年後には年収1,000万近く稼げると考えるとかなり美味しいと思いませんか?

普通のサラリーマンであれば数十年かかりますし、そもそもそこまで上がらないことも普通です。

今回紹介したパターンが再現性が高い王道パターンだと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

追記: 無料のLINEマガジンをはじめました!

「スキルをつけて人生の自由度をあげる」をテーマにしたLINEのマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれるプログラミングやブログ運営、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

無料のLINEマガジン開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です