【Ruby入門ログ】蔵書管理システム作ってみたよ

オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引)
  3. WebCamp Pro(関連記事割引)
  4. テックキャンプ(関連記事割引情報)
オススメスクールランキング
1位のSkill Hacksは僕が講師をつとめており,自信を持ってオススメできます.
  1. Skill Hacks[スキルハックス] (関連記事)
  2. テックアカデミー(関連記事割引情報)
  3. WebCamp Pro(関連記事割引情報)
  4. テックキャンプ(関連記事割引情報)

作りながら学ぶRuby入門を一通り終えました。

途中、データベースの話とかいろいろでてきたりはしましたが、楽しく物を作りながら学べる良書だと思います。

で、出来たのがこんな感じ。

トップ画面はこんな感じです。

 

 

本一覧を表示させようとするとこんな感じになります。

 

 

登録をしようとすると、あらかじめidが割り振られた状態で出てきます。

本では自分でidも設定できるようになってましたが、やっぱり衝突とか起こるのを避けたい、かつ連番で自動で振った方が管理も楽そうだと思ったので。

 

 

 

検索画面はこんな感じ

 

 

もちろん、編集削除も出来ます。

 

 

ふーー。まだまだRuby初心者です。入門の域からは脱出できたと思いたい・・・。

一応githubにコード上げてます。これからいろいろカスタマイズしていきたい。

github.com

ちゃんとできてるんだろうか?Gitもしっかり使えるようにならないといけませんね・・・! 

無料の公式メルマガ開始!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です