OpenCVを使って透明ディスプレイを作ってみた!

どうも。約一ヶ月ぶりの登場です。

まぁいろんなことやってたんですが、ちょっと忙しくて更新できずって感じでした。

今回は・・・

透明ディスプレイ作りました。

f:id:McG:20150626000055j:plain

実物見せた方が速いかと思うので・・・。こんなものです。

f:id:McG:20150625235830p:plain

 

という感じで、向こう側が透けて見えます。

これは何をしているかと言いますと

f:id:McG:20150625235848j:plain

このような感じで、パソコンを閉じて出現した部分をデスクトップに描写すればいいわけです。

そう、稲葉先生が数学雑談部屋で少しふれていた行列を使って点を移していくことにより、あたかも透けているかのような画像を作り出しています。

とまぁ単純に見えるかもしれませんが、実際には奥行きとかもあったり、点を移動するにも普通に移動させただけではなんか穴ぼこの画像ができあがったりと大変な訳です。
詳しい話は割愛しますが、詳しく知りたい方はホモグラフィ変換とかでググってみてください。

現在では、ある特定の場所からみないと透けてるように見えません。そりゃそうです。ある一点から撮った画像を合成しているだけなので。

今後は、eyetribeって機器と、パソコンについてるカメラで連携させて、どの場所から見ても透けて見えるデスクトップを作ろうとしています。

無料の公式メルマガ開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です