仕事を休みたい時の対処法と根本的な解決策を紹介

仕事を休みたい時の対処法と 根本的な解決策を紹介

こんにちは、迫佑樹(@yuki_99_s)です。

突然ですが、あなたに質問です。

あなたは「仕事を休みたい」と思ったことはありますか?

この質問に対してほとんどの人は「Yes」と答えるでしょう。

仕事を休みたい理由が突発的なトラブルによるものならば、一時的に休むことによって改善できるかも知れません。

しかし、慢性的に仕事を休みたいと考えているのならば、普通に休むだけでは解決できませんので、根本的な解決方法が必要となります。

今回は、仕事を休みたい原因や解決方法などについてお話していきましょう。

「仕事を休みたい」時はどうするのが正解?

「仕事を休みたいときはどのような行動をするのが正解なのか?」これは企業に勤めている人にとって大きな問題です。

特に日本人のサラリーマンに多く見られる傾向として

自分が休んだら周りに迷惑をかけてしまう。

と考えることで休むことを躊躇するケースも少なくありません。

例えばの話として、「今日は仕事を休みたい」と思ったとして、その思いを実行することが出来るでしょうか?

ほとんどの人は実行することが出来ないと思われます。

日本は世界中の国々の中でも有給消化率が最低レベルとなっていて、本来ならば「今日は仕事に行きたくない」と思ったら有給を消化することによって仕事を休むことが出来ます。

しかし、日本では様々な理由で有給を消化して休むことにマイナスのイメージを持っている人が非常に多いです。

「仕事を休みたい」と思ったときには、なぜ休みたいのかという原因の解明や、休むための対策なども必要になりますので、こちらではそれらのことについて少し紹介していきましょう。

仕事を休みたい原因を考えてみよう

仕事を休みたい理由というのは人それぞれですが、根本的な原因となる部分についてはいくつかの要素に限定されることが多いです。

ここでは3つ見ていきましょう。

仕事が休みたい原因
  • 純粋な体調不良
  • 職場がストレスになっている
  • 仕事がストレスになっている

ちなみに、今回の要素では「突発的なトラブルによるもの」は除外しています。

そのため、「身内が病気になった」とか「交通事故で会社へ行けなくなった」というようなケースではなく、「慢性的に仕事を休みたい」と思う原因について紹介します。

純粋な体調不良

日本の企業に勤めている人の多くは

体調不良ごときで休んでられない!

と考える人が多いです。

逆に海外では体調不良の状態で会社に行くと上司から怒られます。

これは、パフォーマンスが悪い状態で仕事をしても良い成果を得ることは出来ないという考えのためです。

日本では成果よりも過程を重視する傾向が強いので、体調不良でも病気でも、「会社に居るだけ」で評価されることが多いです

よくあるケースとしては、同じ質や量の仕事でも1時間で終わらせるよりも10時間掛けるほうが評価されるということに近いですね。

会社を休みたい理由が「純粋な体調不良によるもの」ならば、体調が快復すれば元気に会社へ行くことが出来るようになるのでそれほど問題ではないでしょう

職場がストレスになっている

仕事を休みたい理由のひとつに「職場がストレスになっている」というものがあります。

これは、厳密に言えば「仕事を休みたい理由」ではなく「職場に行きたくない理由」となります。

主に人間関係でストレスを抱えている人が陥りがちな問題ですが、このタイプは仕事に関してのストレスは抱えていませんので、職場を変える異動届や、同じ業種に転職するということでも解決が可能です。

仕事が楽しくない

仕事を休みたい原因の中で、最も厄介なのが「仕事が楽しくない」というものです。

これは新人のサラリーマンではなく、サラリーマンになってから5年や10年ほど経過した人が陥りやすい状況です。

仕事が楽しくないならば新しい仕事をすれば良いということになるのですが、仕事をすることで収入を得ているサラリーマンは他にどんな仕事をすれば良いのか分かりません。

そのため、楽しくない仕事を永遠と繰り返さなければならない悪循環になっています。

【解決策】仕事を休みたい人はスキルを身につけよう

仕事を休みたいと考えている人への解決策として、僕は「スキルを身につける」ということをオススメします。

スキルなんてすぐには身につかないよ!

と思う人も多いかも知れません。

確かに、スキルというのは一朝一夕で身につくものではなく、僕がオススメするスキルでも習得するまでには最短でも数週間ほどの時間が必要です。

そのため、

今すぐに仕事を休みたい!

という人にはオススメできないかもしれません。

しかし、今すぐに仕事を休まなければならない状況にあるのなら、よほど切迫した状態だと思いますので、その場合は仕事を休んだほうが良いでしょう。

僕が紹介するのは「長期的に考えた場合に、スキルを身に着けたほうが色々と楽になる」ということです。

スキルを身につければ

それでは、なぜスキルを身につけることで仕事を休めるようになるのかということについて詳しく紹介していきましょう。

理由①スキルがあれば自分の好きな働き方ができる

僕がオススメする「スキル」というのは、基本的にパソコンの操作が関係するスキルです。

そのため、「資格を取得して、今よりも良い会社で働こう」というようなものではありません。

僕のオススメするスキルは、プログラミングやデザイン、動画編集などの技術を指しますが、これらのスキルというのは基本的に自分の身体とパソコンが1台あれば場所や時間を問いません。

毎日出勤しているサラリーマンにとって、場所や時間にとらわれずに仕事ができるというのは大きなメリットではないでしょうか?

ただし、僕のオススメするスキルを習得した場合でも、クライアントから依頼を受注して仕事をする場合には「納期」という悪魔が腕を組んで待機していますので、その点については気をつけなければいけません。

しかし、逆に考えれば納期をキッチリと守っていれば他の時間は自分の好きなように過ごすことが出来ます。

理由②今よりも収入が上がる可能性もある

現在がどれほどの収入を得ているのか分からないので正確なことは言えませんが、スキルを習得して、そのスキルを活かして仕事をすれば今よりも収入が上がる可能性は非常に高いです。

「収入が上がる」ということにについて勘違いしないでもらいたいのが、「どこかの会社に転職をすることで収入が上がる」ということではありません

スキルを活かして仕事をするようになると、基本的には自分の力だけで稼ぐことになります。

そのため、今までは会社に属して仕事をしていたために、会社が定めた給料しか受け取ることが出来ませんでしたが、スキルを活かした仕事では報酬も自分で決めることが可能です。

もちろん、相場というものがありますので自分勝手な金額を設定すると仕事がないというような状況になってしまいますが、基本的にはサラリーマン時代よりも収入がアップしたという人は多いです。

理由③自分の好きなことでお金を稼ぐことも可能

こちらは、上記で紹介した原因の項目の中でも「仕事が楽しくない」という方に向けての解決策となります。

スキルの中でも稼ぎにくいスキルや稼ぎやすいスキルなどがあります。

僕がオススメするスキルについては後述で紹介しますが、世の中にはあなたが思っている以上に稼ぐ方法はあります。

そのため、自分にあった好きなことでお金を稼いで行くことだって可能なのです。

もちろんスキルを磨く必要はありますが。

仕事を休みたいと思ってしまう人におすすめのスキル

ここまでは、スキルを身につければ仕事を変えたり、自分の好きなように仕事ができるということを紹介しましたが、ここからが本題です。

ここまで読んでくれた方は

スキルを身につければ良いことがあるんだな。

程度には理解してもらえたと思います。

ここからは「どんなスキルを身につければ良いのか?」ということについて紹介していきます。

おすすめのスキルは以下の通りです。

おすすめスキル
  • プログラミングスキル
  • 動画編集スキル
  • ブログスキル
  • デザインスキル
  • アニメーションスキル

それではそれぞれのスキルについてもう少し詳しく紹介していきましょう。

プログラミングスキル

僕がオススメするスキルの中でダントツでNo1なのが「プログラミングスキル」です。

オススメする理由については色々なことが挙げられますが、僕がプログラミングをしている人間であることも大きいでしょう。

その他のメリットについては下記の4点が挙げられます。

メリット
  • 誰でも簡単に始められる
  • 稼げるようになるまでの期間が短い(初心者期間が短い)
  • 案件数が多く、今後数十年は廃れる心配がない
  • 仕様を理解して構築できればセンスが求められない

大きく分けるとこれらのメリットがあります。

プログラミングを学ぶ上で注意してもらいたいのが、「何から学ぶのか?」ということです。

初心者向けのプログラミングの参考書などにも「目的意識を持とう!」というように書かれていることがありますが、僕の個人的な意見としては「目的を持つ」ことももちろん大切ですが、「指導者に教えてもらう」というほうが分かりやすくて手っ取り早いです。

僕の運営しているSkill Hacksでは、運営者である僕への質問が回数無制限で何度でも質問をすることが出来ます。

SkillHacks

さらに、レッスンの答えを教えるだけではなくキッチリと解説もしますので、キチンと理解してから次のレッスンに進むことが出来ます。

動画編集スキル

動画編集は近年注目され始めました。

理由としては、今後需要が増加するのに対して動画編集者が少なくなっていくだろうと予測されていることです。

特徴は初心者が始めやすいスキルなのに、稼ぎやすいということです。

プログラミングなどで挫折した人でも動画編集のスキルなら簡単に身につけることができるでしょう。

動画編集の身につけ方に関してはMovie Hackがおすすめです。

MovieHacks

Movie Hacksでは、最先端の現場で活躍している現役の動画編集者を講師に招いてレッスンをしていますので、動画編集の基本から稼ぎ方まで学ぶことが出来ます。

もちろん、LINE@で質問し放題の万全のサポートで安心して学ぶことが可能です。

ブログ運営スキル

ブログ運営のスキルを身につけると、ネットマーケティングの方法やSEO、セールスライティングなど様々な方法を学ぶことができます。

ブログ運営のスキルというと、怪しい情報商材や効果の出ないオンラインコミュニティなどをイメージする人も多いかも知れません。

これはブログ運営で月に5万円以上の利益を得ている人が全体の3~4割に満たないということが問題だとされていますが、僕の運営しているBlogHacksでは「最速で月収20万円を稼ぐ」ということを基本理念としています。

BlogHacks

月に20万円の稼ぎがプラスで生まれれば、かなり自自由度が上がると思います。

そのため、まずは生活できるラインの20万円を最速で稼ぐことによって、生活に自由を持った上でさらに稼いでいくというスタイルです

デザインスキル

デザインのスキルに関しては

身につけたいけど、そう簡単に身につくものなの?

と思っている人が多いと思います。

デザインのスキルは、応用が効くのはもちろん自分のセンスを生かして稼ぐことが可能なのでとてもおすすめです。

おすすめの学習方法はDesign Hacksです。

DesignHacks

デザインスキルの講座「DesignHacks」では、基礎的なデザインの他に「デザインを使った稼ぎ方」も指導しています。

講師に招いているのは現役のデザイナーで、最先端のスキルを習得している方が勤めていますので、講座の生徒は最先端の技術を学ぶことが出来ます。

デザインというのは単独では稼ぎにくいジャンルだとされていますが、他のスキルとの相性が抜群なので、デザインスキルを習得していると稼ぎやすくなることは間違いありません。

また、案件数が最も多いジャンルでもありますので、初心者からでも始めやすいのが特徴的です。

アニメーションスキル

最近ではアニメーションを使ってコンテンツの宣伝をする企業や、YouTuberとして活動する人も増えていますので、動画編集の技術と合わせて学ぶことで相乗効果を期待することが出来ます。

また、VYONDというソフトの登場によって絵が描けなくてもアニメーションを作ることが可能になりました。

今後さらに需要が増加していくスキルだと思うので、今のうちに身につけることをおすすめします。

アニメーションのスキルを身につけるならAnimation Hacksがおすすめです。

Animetion Hacks

Animation Hacksでは、アニメーションの基礎的なスキルを指導しながら、稼ぎ方も併せて指導しています。

まとめ:スキルを身につけて「仕事休みたい」という状態を防ごう

冒頭でも紹介したように、サラリーマンの方で「仕事を休みたい」と考えたことがないという人は居ないでしょう。

しかし、「生活のため」とか「誰かに迷惑がかかってしまう」というような理由で「休みたくても休めない」のが現状だと思われます。

このような場合でも、稼げるスキルを習得していれば、会社に依存すること無く稼ぐことが出来ますので、スキルを身につけるというのは「仕事を休みたい」という状態を防ぐことに繋がります

スキルを身につけて、人生の自由度を上げていきましょう。

追記: 無料のLINEマガジンをはじめました!

「スキルをつけて人生の自由度をあげる」をテーマにしたLINEのマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれるプログラミングやブログ運営、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

無料のLINEマガジン開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です