投資は人工知能にお任せ!WealthNavi (ウェルスナビ)で資産運用に挑戦!

f:id:McG:20171116100001p:plain

個人事業主として独立してから,資産運用やお金について考える機会が増えました.

資産運用の一貫として,ビットコインに手を出して約3ヶ月,値動きの激しいビットコインは楽しけど疲れるなっていうのも正直なところです.

また,ビットコインみたいな不安定な投資に全力投資をした場合,いつ資産が吹っ飛ぶかわからなくて結構怖いんですよw

テクノロジーが発展した今,人間よりも優秀なロボットが自動で資産運用をしているサービスがあるという話を聞きました

ということで,今回リスク軽減のための分散投資ということで, Wealth Navi (ウェルスナビ)を試してみることにしました!

仮想通貨みたいに,『1日で資産が倍になる』みたいなことはないですが,長期的な資産運用をじっくりやっていきたい人なんかにはぴったりのサービスではないでしょうか?

20代で資産運用すべき理由

ウェルスナビの話をする前に,20代のうちに資産運用を始める理由を軽く説明しておこうと思います.

資産運用と聞いて,以下のようなことを考える人は結構多いんじゃないでしょうか?

男の子の画像

まだあなた20代でしょ?

『資産運用』って,50歳くらいの人が老後のために資産を作るために行うものじゃないの?

いえ,違うんです.

資産運用において大事なのは,元本となる金額,そして『時間』なんですよ

複利の力を使う

1年間で利率が10%の資産運用を行ったと考えてみましょう.

元本が100万円だった場合,1年後には110万円に,2年後には120万円...ではなく121万円になるんです.

最初の年は100万円の10%である10万円が増加分になって,2年目には110万円の10%である11万円が増加分になるから,1年目よりも2年目の方が増加量が大きいというわけ

f:id:McG:20171116100023p:plain

つまり,1年目より2年目,2年目より3年目の方がお金の増加量は大きくなるわけなので,資産運用は若いうちに始めた方が得になるということは明らかです.

年利5%運用を行った場合,毎月3万円を30年積立を行った人は約2500万円になり,毎月6万円を15年積み立てた人は約1590万円にしかなりません.

同額積み立てているにも関わらず,期間が短いというだけで約1000万円の差が生まれてしまっているわけです

また,株やFXだと投資のことを勉強したり,パソコンに張り付く必要があったりとかなり時間を取られるのですが,ウェルスナビだと完全に自動でやってくれるので,若いうちは仕事とか勉強に集中したい私にぴったりだなと.

【スポンサーリンク】

実際に使ってみる

若いうちから資産運用を行うべきメリットを説明したところで,早速ウェルスナビの紹介をしていきたいと思います.

ウェルスナビのトップページにアクセスしてみてください.

f:id:McG:20171116100042p:plain

『無料診断』のボタンを押せば,登録不要で年齢や収入などから個人にあった最適な資産運用プランを無料診断することができます.

f:id:McG:20171116100055p:plain

僕が診断したところ,100万円を運用した場合,30年後には30%の確率で549万円に,50%の確率で352万円に,70%の確率で226万円になるということでした.

3割の確率で元本が5.5倍になって,70%以上の確率で2倍になるのならば,銀行に預けておくよりずっといいんじゃないかなと思えます.

f:id:McG:20171116100108p:plain

ちなみに,この診断によって自動で作られたポートフォリオがこんな感じ.

米国株や日欧株,不動産とか金という感じで,うまく分散されているのがわかりますね.

f:id:McG:20171116100118p:plain

また,今回の個別診断でロボットアドバイザーが提案してくれた運用方法で投資を行った場合,どうなるのかをシミュレーションしてくれる機能もありました.

リーマンショック以前から投資をしている場合,どうなるのかをグラフとともに示してくれています.

f:id:McG:20171116100131p:plain

リーマンショックの影響で半分くらいまで資産が減ってしまいますが,結果的に10年足らずで元本が1.5倍になるというシミュレーション結果に

リーマンショックがあった時でさえ10年というスパンで見ればプラスに転じているので,30年という長いスパンで運用すればさらなる増加が期待できます.

ただ,もしもリーマンショックレベルの経済状況になってしまった場合,元本割れがおきてしまうということなのであくまで余剰資金で運用は行いましょう!

入金してみた

ということで,実際に入金してみました!

まずは最低取引額の10万円を入金することに.学生の貯金でもなんとか運用を始められる額なのが最高だなと.

f:id:McG:20171116100158p:plain

一つ注意点としては,年間で入金額の1%が手数料として取られてしまいます.僕の場合は1000円.

株やら不動産などについて勉強している時間,そして取引を実際にする時間を節約しているわけなので,これくらいの手数料はしょうがないかなと.

また,投資の世界に絶対はなく,元本割れしてしまう可能性もあります

生活に必要なお金が確保されている人は,少額からでも余剰資金運用に回してみると長期的な目線で見た時にいい結果になるかもしれません.

運用結果は随時ブログで紹介していくので,お楽しみに!

ロボットアドバイザーによる自動資産運用,ぜひ試してみてください!

© 2016-2017 迫 佑樹