プログラミング初心者へ向けたnoteを販売開始しました!

f:id:McG:20180417183542p:plain

こんにちは,学生エンジニアの迫佑樹(@yuki_99_s)です.

最近,有料noteブームがきているので僕も一冊出してみることにしました!

その名も,プログラミングスクールに通う前にやっておきたいRuby超基礎入門です.

みなさん知っての通り,私はプログラミングの勉強会で登壇したり,スクールで講師をやってたりする経験があります.

『せっかくなら多くの人にプログラミングをやってもらうきっかけを作りたい』ということで,今回noteの販売を開始しました

価格は980円,現在早割中

実は,販売は開始したんですがまだ中身は完全にはできていませんw

noteって,後から内容を更新したり,値段を変更することができるんです

なので,『とりあえず半分くらいできたから700円で売ってみるよ〜』みたいな売り方を試してみているというわけ.

f:id:McG:20180417173355p:plain

作ってる段階でもちょくちょく売れるのでモチベーションも上がるし,早く購入した人は安く買えてラッキーとお互い嬉しいシステムです.

外でランチする値段と同じくらいにしたいので,完全版は980円で販売する予定.

まだ未完成の段階なのに,売れ行きはかなり好調で昨日から通知がすごい数きていました笑

ありがたいことに,わかりやすいという声も色々なところからいただいています.

有料noteは技術系と相性が良い

個人的に,このような有料noteの立ち位置としては『独学 < 有料note < プログラミングスクール』くらいの立ち位置になるようにイメージして作りました.

独学だとプログラミングって挫折しちゃうことが多いんですが,初心者でもつまずかないような体系的な知識を提供するnoteには需要あると思っています

というのも,『技術系の入門書の通りに動かしてもバージョンが古くなってて動かない』とかいうことが結構あるんですよね.

そんな時,バージョンが変わったら更新されて,常に最新の情報がでるnoteは技術系書籍としてはかなり適しているんです.

しかも,わかりにくいとこがあれば著者に質問までできるという.

稼ぎながら学ぶというサイクルを

もちろん,上記で述べた『プログラミング入門者への敷居を下げる』というのも重要視しているんですが,個人的には『お金をもらいながら学び続ける』というサイクルも作って行きたいなっていう風に思ってるんですよ

例えば,プログラミング教材を販売する僕以外に,デザイン教材とブログ運営の教材を販売している人がいるとします.

お互いに別のことを学びたいなって思って,彼らのnoteを購入したらどうなるでしょうか?

f:id:McG:20180417175317j:plain

収支を確認してみると,全員が無料で新しい知識を習得したことになるんです.

このように「自分の持ってる知識を売って,新しい知識を買う」というサイクルが作れるので,実質無料で永久に学び続けられるわけですね.

f:id:McG:20180417175344j:plain

実際のところ,コンテンツ系では『売る人』よりも『買う人』の方が圧倒的に多いんです.

つまり実際は自分が買う以上に売れるので,お金をもらいながら学び続けられる仕組みができるんですよ

発信する人は,どんどん新しいことを学んでそれを販売していくので,知識がついていき他の人との差がついてくるわけですね.

最後に

結構好評をいただいているので,Kindle化してAmazonで販売するなんてことも考えています.

1000円以下で購入できる技術チュートリアルみたいなのをいっぱい作ってみるのも面白そう.

このブログを読んでくださってる方はわかると思いますが,4年くらい前から技術に関する発信とかをしてきました.

当時は,一切収益化する手段がなかったわけですが,今はすごく多様になってきましたよね.

発信し続けることで,自分の技術も確実に上がりましたし,さらに最近だとうまく収益化できる流れも来ています

皆さんも,小さなことでも発信してみたり,プログラミングを学んでみたら,生活が大きく変わるかもしれませんよ!

もしよければ私のnoteもどうぞ!

© 2018 迫 佑樹