「ポケモンGOのニックネームでHTMLが使える!!」←それ違う

昨日リリースのポケモンGO,すごい盛り上がりを見せてますね!!

僕もちょろっとやってみましたが昔懐かしのポケモンとかが出てきて少しワクワク.

そんな中で,少し僕のエンジニア心をくすぐる話を聞きました.

ニックネームにHTMLタグが使える!!と話題に

こんなツイートが流れてきました.

たしかに,bタグを埋め込んでみると太字になっている…?

f:id:McG:20160901134554p:plain

2chでもいろいろ話題になっています.

pokemon.appbako.com

それ,違います

HTMLじゃなくてUnityの機能です.

ポケモンGOは,Unityっていうゲームエンジンで作られています.

使えるのがbタグやiタグだけっていうところでお気づきかもしれませんが,Unityのリッチテキストという機能です.

docs.unity3d.com

こういうやつですね.

マークアップシステムは HTML にヒントを得ていますが、厳密に標準 HTML に従うことは意図していません。基本的な考え方はテキストの一部はマッチングするタグのペアにより閉じられるということです。

ということで,UnityのリッチテキストもHTMLのマークアップにヒントを得て作られたみたいなので,勘違いするのも仕方ないですが.

HTMLタグなんて埋め込めるバグがあったらクロスサイトスクリプティングの脆弱性につながりかねませんが,これならまぁ特に問題はなさそうです.

© 2016 Yuki Sako.