Macセットアップ その1 超基礎アプリ導入

それでは,購入したてのMacいじっていきます.

正直これは読む必要はないかなという感じです. 

○画面共有ソフト,ブラウザ,SNS関係のソフトインストール

 

  • gyazoのインストール

まずは,スクリーンショットの共有サービスgyazoを入れます.

これがあると,はてなブログに画像を投稿するのがとても楽です.

このサイトからダウンロードできます.

画面のキャプチャのサービスなのですが,キャプチャした画像がURLになってるので,ブログとかTwitterとかに貼るのがとても楽です.

gif画像も簡単に生成できます.

 

言わずと知れたGoogleさんのブラウザ.僕はWebの開発とかも興味あるので,ないと生きていけません.

ここからダウンロードできます.

そして,Chromeをインストール完了したら,Tempermonkeyを入れます.

これを入れておけば,ユーザスクリプトを書いてこれに突っ込むだけで簡単に実行できます.

ではSafariとはさようならしますw

そして,Google 日本語入力をダウンロードします.

Google日本語入力を有効にしますか?って聞かれた時にはいを押すとGoogle日本語入力に切り替わります.

 

 

 

  • Slackのインストール  

アプリ版 のSlackをインストールします.

サークルだったりアルバイトだったりでSlackを使うので,必須です.

Slack??って方も割と多いんですが,まぁチャットサービスです.いろんな外部サービスと連携できたり,ソースコードとかも色変えれたりして良いチャットサービス.

AppStoreでアプリになってるので入れていくのをお勧めします.

 

  • LINEのインストール

LINEも友達と連絡取るのによく使うので入れます.

わざわざ書くまでもないですが...これです 

PC用のTwitterクライアントとして,私はTweetDockを入れています.

AppStoreでダウンロードできます. 

 

ここからドロップボックスをインストールしてきます.

ファイル共有とか便利です.

 

これはMac上でLinuxを動かしたりするときの仮想化ソフトです.

Oracle VM VirtualBox

こちらからインストールできます.

 CentOSとか使うのでインストールしておきます.

f:id:McG:20151126183028p:plain

 

このDownloadのところおして,VirtualBox 5.0.10 for OS X hosts の横のボタンを押せばダウンロード開始です.

centOSでのサーバ構築とかもブログにまとめたい...(初心者)

 

 

まだまだ入れたいソフトはありますが,その1は非エンジニア向きのソフトということで...  

今後,Macの設定いじったり,エディタとか統合開発環境入れていきます.

 

次回はたぶんMacの基礎設定いじります.

また「これ超基礎アプリだよね...」ってなった時はこの記事を追加します.

 

 

 

 

 

 

© 2016 Yuki Sako.