読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカル開発環境構築1

ドットインストールの方に、ローカル開発環境構築っていうところがあったので、それを参考にしながらやってきます。

 

ドットインストールのローカル開発環境構築のページ。

dotinstall.com

 

私はMacなので、MacOS編を見ながら遣って行きます。

VirtualBoxとVagrantをインストールしていきます。以下がリンクです。

Oracle VM VirtualBox

Vagrant

 

インストールが出来たら、Vagrantを使ってCentOSをいじっていきます。

ターミナル上で操作をしていきます。そろそろ私もCUIになれてきた頃・・・・多分。笑

 

gyazo.com

こんな感じで、myvagrantというフォルダを作り、そこで作業をしていきます。

次に、fileの編集です。vi Vagrantfileで、コメントになってる文を復活させていきます。

そのあたりは、ドットインストールみてください。

そのあとにvagrant upと打つと、centOSが立ち上がります。

 立ち上がった後に、vagrant sshと打つと、[vagrant@localhost ~]という風に出るはずです。

「vagrantを通じてローカルホストにアクセスしてます!」ってことなので、これがでれば成功です。

はい。しっかりできてますね。

 

ドットインストールの人が、gitにスクリプトをあげてくれているので、それを落とします。

 git clone https://github.com/dotinstallres/centos65.git

これをコマンドラインに打ち込みます。

その後、centos65っていうフォルダへ移動し、./run.shというコマンドを打つと、rubyやらPHPやらが使えるようになります。

なかなか時間がかかりますが、いろいろとインストールされます。

 

それが終わったら、vagrant sshでログインし、phpやruby,pythonなどが入っていることを確認します。

はい!うまいことはいってますね!!感動!

 

exitを押すと元の作業フォルダに戻れて、んでその後にvagrant suspendと打てば、終了です。

 

今日はこの辺りで!

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村

© 2016 Yuki Sako.